絶対使ったほうがいい洗車アイテム

夏に向けて車の汚れは目立つようになっていきます。夏の炎天下にさらされるとボディに汚れがこびり付きやすくなりますし、虫が多く発生する時期ですので虫汚れも目立つようになっていきます。そのため、夏場はこまめに洗車を行うべきシーズンと言えます。しかし、何も考えずに車を洗ってしまうと、逆にボディにダメージを与えてしまう場合があります。細かい傷がついてしまうと、売却する際の査定にも影響する可能性があります。そのため、愛車を洗う際には、適切なアイテムを使用することが望ましいのです。この際に絶対使ったほうがいいアイテムがありますが、アイテムはその用途に応じて様々な種類があります。これらを駆使して愛車を磨き上げることもオーナーの大事な仕事と言ってよいでしょう。

洗車時にはシャンプーとムートンモップを絶対使うべき

車を手洗いする際、必ず使ったほうがいいアイテムはシャンプーとスポンジやモップがあげられます。車全体の汚れを落とすことが重要ですので、シャンプーは必須アイテムになりますし、シャンプーと使用する際にはスポンジやモップも使用したほうがより効果的に洗うことができます。車専用のシャンプーはどのような車種にも使える商品から車の色に応じたものなど様々です。値段も異なりますので、用途に応じて予算的にも合う商品を選択することが重要となります。また、シャンプーを使用する際にはスポンジなども使うべきでしょう。この洗車スポンジにも様々な種類がありますが、中でもおすすめはムートンモップです。ムートンモップであればクリーミーな泡立ちとなります。クリーミーな泡立ちは車を洗う際に重要なポイントのひとつです。そのためムートンモップは一番適したアイテムと言えるでしょう。

洗った後のふき取り時に必要なアイテムとは

シャンプーとムートンモップやスポンジによって愛車を洗い終わった後は、しっかり水で流します。水で流した後は当然ふき取りの作業を行うことでしょう。もしもふき取りをしなければ、水滴によってウォータースポットが発生しボディを痛めてしまうことになります。そのためしっかりとしたふき取りが必要なのです。ふき取り時に必要なアイテムはタオルなどですが、普通のタオルを使用してしまうとボディに細かい傷が付いてしまう可能性があります。ここでは吸水クロスと水滴ふき取りクロスが必須アイテムとなります。吸水クロスによって残った水滴を吸収し、それでも残った水滴は柔らかいふき取りクロスでふき取ります。このように、愛車を洗う際にはここまでアイテムにこだわり神経質に洗車しなければ、ボディはあっという間に細かい傷だらけになるでしょう。