素人が洗車をすると傷だらけになり買取査定に影響も

自動車は道路を走行するだけでボディに何らかの汚れが付着してしまいます。汚れてしまった愛車を洗うことは当然のことなのですが、何も考えずに車を洗うと、大切な愛車のボディに細かい傷がついてしまいます。これはガソリンスタンドの洗車機でも付きますし、手洗いでも付く可能性があります。非常に細かい傷でありますが、この傷は増えていくと目立つものとなってしまい、車を買い替えする際の買取査定にも影響を及ぼすことになります。この傷の付着を予防するためには、細心の注意を払いながら愛車を洗うしか方法がありません。また、それなりに費用はかかりますが、購入時の傷が少ない時点でボディにコーティング(ガラスコーティングなど)を施すことによって傷が付くことを防ぐことが出来ます。

愛車を洗うだけで傷だらけになることも(買取査定への影響も)

愛車の汚れは自動車のオーナーにとって非常に気になるものです。少しでも汚れが付くとすぐにでも洗いたいものです。しかし、何も考えずに洗ってしまうと愛車が傷だらけになってしまう可能性があるのです。車を洗う際に付いてしまう傷を『洗車傷』といいます。この傷は非常に細かい傷ですが、数が増えれば目立つものとなってしまいます。この傷が原因で買取査定が下がってしまうこともあるのです。目で見えないような傷は買取査定に影響を与えませんが、目で見えるような傷になってしまうと買取査定に影響が及びます。車を洗う際に傷が付いてしまう原因としては、砂などの細かい粒や埃などが原因です。洗う際に使用するブラシやタオルに砂などの細かい粒が付着していることにより、その砂などの細かい粒が車のボディに傷を付けてしまうのです。また、ガソリンスタンドの洗車機のブラシが固かったり、機器そのものが古いことが原因で傷が付いてしまうこともあります。

愛車の傷を防ぐには細心の注意を

愛車の洗車傷を防ぐためには、細心の注意を払い、車を洗う方法が一番と言えます。基本は手洗いが一番なのですが、まず車を洗う前にしっかりボディについた砂などの細かい粒を水(高圧水流がお勧めです)で流すことが重要となります。砂などの細かいゴミが付着したまま洗うとそれだけで傷の原因となるのです。しっかり砂などを流したあとは、多めの泡でやさしく洗うことが大事です。この際、用いるスポンジやブラシ(ムートンブラシなど)、タオルはなるべく多めに用意しておき、こまめに交換していかなければなりません。車を洗う気象条件も重要です。特に風の強い日などは砂などの埃が巻き上げられて車に付いてしまいますので絶対避けるべきです。これら以外の対策としては、コーティングがあります。車の購入時にコーティング(ガラスコーティング、フッ素コーティングなど)を施すことによってボディにコーティングの膜を形成し、その膜によって傷を防ぎます(車の汚れも水洗いで簡単に落とすことが出来ます)。このような方法で愛車を洗う際の傷を防ぐことが可能となり、買取査定への影響も抑えることができるのです